銀座・八丁堀StoneTherapySalonかおん

銀座・八丁堀近くの完全個室のプライベートサロンかおんです。

湿邪:梅雨時期の不調を乗り切る

もう6月になりますね。日本では梅雨の時期。
ジメジメどんよりした日はなんとなく体調がすぐれないという方も多いですよね。
体の不調を引き起こす湿気を、東洋医学では『湿邪(しつじゃ)』と呼びます。
その名の通り、体調不良や気分の変動を引き起こす、湿り気、身体の余分な水分のことです。
特に胃や脾臓などの消化器官が影響を受けやすく、代謝が落ち、体から余分な水分が抜けにくくなります。
その結果、食欲不振、消化不良などを起こし、食べたものがエネルギーとなりにくく、疲れやすくなったり、むくみやすくなったりします。
これからの時期はカビが発生しないように、湿気たりしないようにと部屋の換気や除湿に気をつけますが、体の中も同様に除湿することが大切になります。

「湿邪」が体を冷やす

いつも眠い、疲れやすい、やる気がでない、気分が滅入る、肩が凝る、関節が痛む、お腹の調子が悪い、頭が重くすっきりしない、めまいや耳鳴りを感じる、口内炎ができる、夕方足がむくむ、腰がだるい・・・こんなトラブルを感じていませんか?
水分は人間にとってはなくてはならないものですが、逆にため込んでしまうと、冷えの原因にもなってしまいます。
冷えると、血液の循環が滞って代謝が悪くなり、 汗や尿で水分をしっかり排出できません。
こりやむくみも起こりやすく、また自律神経を乱す原因にもなります。

「湿邪」対策は身体の除湿が大事

①運動で汗をかく

汗をかくことで、体内にある余分な水分を排出しましょう。
汗をかくには有酸素運動がおすすめです。息が上がるくらい、しっかり運動をして、とにかく汗をいっぱいかくこと!
ウォーキングなど外に出るのが億劫な人は、踏み台昇降運動などもオススメです。
身体を動かすことでよどみがちな水分を筋肉のポンプで排泄していく効果もあります。

②半身浴で汗を出す

夏でもシャワーですませないで湯船に浸かるのがお勧めです。
ぬるめの半身浴はリラックス効果で自律神経を整え、ストレスや痛みを軽減します。
湿邪は下半身にたまりやすいので、しっかりと下半身を温めてください。

③利尿作用のある食べ物を摂取しましょう

利尿効果のある食べ物、夏が旬のキュウリやトマト、スイカなどは利尿効果があります。
ただし夏野菜は身体を冷やしやすいので食べ過ぎには気を付けてくださいね。
また生姜やネギ、唐辛子などは胃腸の働きを助け身体を温めてくれるのでこの時期にも積極的に摂取しましょう。

 

体内除湿のために大事なのは、水分を控えるのではなく、身体に入れた水分をしっかりと排泄できるサイクルを作っていくこと。
むくみがちだからと言って水分を控えてしまうと熱中症の危険性も…
常温のお水や白湯で水分補給をしながら、腰から下の下半身はしっかりと温め、水はけのよい身体を作り維持していくことが必要です!

じゅうぶんな水分補給と排出のバランスで、この季節を健やかに過ごせますように。

 

StoneTherapySalonかおん
http://relax-caon.com
東京都中央区湊1丁目3-2 αスタイルビル501
03-6886-9857
平日11:00~22:00(受付20:00)
土日祝11:00~20:00(受付18:00)