読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀座・八丁堀StoneTherapySalonかおん

銀座・八丁堀近くの完全個室のプライベートサロンかおんです。

危険!猫とアロマの関係

昨日のブログでは「アロマディフューザー」のご紹介をしました。
今日はご自宅でアロマをたく際の注意点…猫ちゃんへの影響についてお伝えしますね。
近年はペットとして猫の人気が高まっているそうです。
まず結論から言うと「猫がいる部屋ではアロマをたかない」ほうがよいです。

アロマとは何かをまずおさらい

アロマテラピーに使用される精油は植物から抽出して作ります。
1mlの精油を製造するために必要な植物の質量は100~1000倍ともいわれます。
それだけ植物の力を凝縮したものが精油です。

猫の身体を知る

なぜ猫には精油が危険なのでしょうか。

その理由は猫の肝臓のつくりにあります。
肝臓といえばデトックス、解毒機能のある臓器ですね
実は猫の肝臓は犬や人間とは異なり、大切な解毒機構のひとつ、グルクロン酸抱合がありません。
ネコ科の動物は、人や犬と違い完全な肉食動物です。
野生の肉食動物は植物をあまり摂取しないため、肉食に合った肝機能が残り、グルクロン酸抱合など不必要な能力は退化したのだと考えられます。
つまり植物系の精油に含まれる物質を解毒できない動物なんです。
うちの猫はレタスも人参も食べるよ~と仰る方もいるかもしれません。
しかし初めにお伝えした通り精油は植物を何十倍にも濃縮したものです。
猫にとって精油が危険なものであることはご理解いただけるでしょうか?

こんな事例もあります

ティートリー入りのシャンプーを使用した猫が翌日亡くなってしまったり、飼い主の方が何年もアロマを使用していて、その蓄積で猫が中毒症状をおこしたりということが実際にあります。
猫の皮膚に精油を塗布付することで、グルーミングの習慣がある猫はその場所だけではなく口腔内、内臓まで精油に曝されます。
また昨日ご紹介した芳香浴でも、精油は香りだけではなくその成分も拡散させます。
猫がいる部屋では芳香浴をしない、猫が入らない部屋で行う、芳香浴後は換気をしっかりすることを心がけてください。

猫にとって特に危険な精油

特に猫に対して毒性が高い精油の成分はリモネン、ピネン、フェノール類、ケトン類の4種です。
代表的な精油をあげておきますね。

グレープフルーツ、レモン、オレンジ、ベルガモットなど柑橘系…リモネン
フランキンセンス、ジュニパー、ユーカリ…ピネン
シナモン、ミルラ、パチュリ…フェノール類
ローズマリー、ペパーミント…ケトン

よくアロマセラピーで使われる人気の精油が多いですね。
他の精油にもこの4種の成分が微量含まれていることがありますので、使用しないほうが無難です。

ナチュラルのものだから安全、純粋だから大丈夫というわけではありません。
それぞれの動物は進化の過程で適した能力が発達し、不要な能力は退化していきます。
猫は「植物系の成分を代謝する機能が極めて低い」のです。

猫と暮らす中でのアロマ

微量の芳香浴なら大丈夫!という意見もあります。
ただ、精油を長期的に猫に使用した研究やデータがなく、どの成分がどれくらい触れたら危険なのか、蓄積する量などはっきりとわかっていません。
精油自体が自然から抽出するもので、メーカー、採取する時期、場所によって成分が異なります。
今まで大丈夫だったもので猫が中毒を起こすことも十分考えられます。

アロマに触れた手で猫に触らない、管理をきちんとして猫に舐めさせない、芳香浴は猫のいないお部屋で。
沐浴にアロマを使用したらしっかりと洗い流すなど、猫の安全を守りながらアロマライフを楽しんでくださいね!

 

StoneTherapySalonかおん
http://relax-caon.com
東京都中央区湊1丁目3-2 αスタイルビル501
03-6886-9857
平日11:00~22:00(受付20:00)
土日祝11:00~20:00(受付18:00)