読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀座・八丁堀StoneTherapySalonかおん

銀座・八丁堀近くの完全個室のプライベートサロンかおんです。

女子必見の仙骨ケア

女子のキレイと健康を考えるうえで絶対に外せない「仙骨
仙骨を自宅で手軽にケアする方法を今日はご紹介します!

仙骨ってなに?

まずは仙骨の場所と役割から…
仙骨はちょうどお尻に真ん中あたり、尾てい骨上の、逆三角形の形をしたプレート状の骨です。
触って確認してみてくださいね。三角形、わかりますか?

仙骨は、背骨を支える土台に相当する骨です。
上半身と下半身を繋ぐキーとなっているのがこの仙骨
場所柄、子宮や卵巣など女性の大切な機能に深く関与していて、女性にとっては命の骨ともよばれる大事な骨です!
女性は月経周期や出産によって骨盤が開閉しやすく、男性よりも仙骨がゆがみやすい構造になっています。
ここをしっかりケアしていくことで、女性機能を高め、キレイと健康を実現できるんですよ☆

カイロで簡単自宅ケア

仙骨上に小さめのカイロを貼るだけです。
以前眼精疲労ケアのときもご紹介したので、またカイロかよ~と思われそうですが…それだけ温めるということが大事なんです!
今回も小さめのものを仙骨上にピンポイントで貼ります。
腎臓もそうですが、ピンポイントで熱を伝えることが大事ですよ~

仙骨あたための効果

身体の中心、全身のかなめである仙骨には重要な血管や神経が通っています。
下半身、上半身それぞれに向けて大事な大きな神経が通り、血液の流れの要所にもなっています。

体は生命維持に必要なところから優先的に血液を供給するので、内臓が冷えると手足を後回しにしてでも、内臓をあたためようとします。
内臓が十分に温まっていなければ、手足に十分な血液は流れないのです。
末端の冷えを解消するためにはまず内臓をあたためる必要があります。

また仙骨周辺の骨盤内臓神経は副交感神経です。
副交感神経が働くと心身がリラックスします。

仙骨から内臓を温め副交感神経を働かせることで
・手足の冷えを改善し、血流をよくするのでむくみもすっきり
・副交感神経を働かせてリラックス&安眠
・内臓を温め生理不順や辛いPMSの改善
・全身の血流がよくなるので、肩こりや腰痛眼精疲労など「こり」の軽減も

とくにPMSの際はお腹を温めるより仙骨を温めたほうが効果的です!

そしてさらにしっかり温めたい方には温石薬石整体こちらがおすすめですよ♪

StoneTherapySalonかおん
http://relax-caon.com
東京都中央区湊1丁目3-2 αスタイルビル501
03-6886-9857
平日11:00~22:00(受付20:00)
土日祝11:00~20:00(受付18:00)