読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくらはぎが冷たい

ふくらはぎが冷えたりむくんだりしてしまう…と悩んでいる方、多いですね。

ふくらはぎは、下半身に集まっ た血液を心臓に押し戻す作用があることから

「第2の心臓」とも言われているほど重要な場所です。

人間は2本足で歩くため、下半身に全身の血液の約70%が集まっています。

大量の血液を心臓に押し戻すためのポンプとして必要なのが、

第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎなのです。

しかし、座りっぱなしで動かす時間が少なくなると、

循環が悪くなり、むくみや冷え、代謝の衰えにも繋がってしまいます。

また運動不足からふくらはぎの筋肉が衰え

その結果ポンプとしての働き自体が弱くなっている方も多いです。

 

冷え性で脚が冷える」という方の足を触ると

足先よりも足首から上、ふくらはぎが冷たいことが多くあります。

脚のポンプ機能を高め、むくみや冷えを撃退する

とっても簡単な方法があります!

足首を左右200回ずつ回すだけ!

まず、椅子に座ります。
手の指を、足の指の間にそれぞれ入れます。
足の指と手の指をしっかり絡ませたら、
足首を外側、内側に回します。

お風呂の中でやっても効果大です

ぜひ日々の習慣にしてくださいね♪

 

kanto.me

お尻の冷え

あなたのお尻、冷たくなっていませんか?

手足の冷えを気にする方は多いですが

お尻の冷えを気にする方は少ないですね…。

お尻は「内臓を循環する血液量を増やす」という重要な役割があり

冷えに注意しなければならない大事なパーツです!

自分のお尻を両手で触ってみてください。

ひんやりしていないですか?

自分の身体の冷えている場所を意識することは

健康管理の上でとても重要なことです。

 

お尻が冷たいと…

①太りやすくなる

人間の身体は冷えるところを温めようとして

脂肪を付けようとします。

お尻が冷たいままではダイエットに励んでも効果は出にくいです。

また腰・ヒップまわりに脂肪がつきやすい、

痩せにくい方はお尻の冷えが原因になっている可能性大!です。

②脚のむくみ

下半身の冷えと同様にお尻が冷えると、

血液循環やリンパの流れも悪くなり老廃物がたまりやすくなります。

 

お尻は子宮などの器官を含む骨盤周りにあるので

お尻が冷えると骨盤内の血流が悪化し婦人科系の部位に不調をきたすこともあります。

また、腰への血流もわるくなり

深刻な腰痛を抱える方はお尻が冷えていることが多いですね。

 

冷えの原因を知る

手や足などの冷えやすい末端と違って、

内臓に近くて血液がたくさん循環しているお尻が冷たいのはなぜなのでしょう

 

手や足と違って同じ姿勢でいるとお尻動くことはあまりありません。

そのためお尻は手足よりリンパの流れが悪くなりやすいのです。

デスクワークで座りっぱなしになると自分自身の体重で圧迫して

リンパや血液の流れも阻害されてしまいます。

 

また、もともとお尻は体の中でも脂肪の多い場所です。

脂肪は寒さから体を守ってくれる働きもありますが

1度冷えたら温まりにくいという特徴があります。

特に女性の身体は子宮を守るためにお尻に脂肪が多いですが、

そのため運動不足でお尻の筋肉をしっかり動かさない方は

お尻が温まらずどんどん冷えていく悪循環におちいってしまいます。

 

 

お尻を温めよう

デスクワークなどで長時間動けない場合は

湯たんぽやカイロをあてて外側からお尻を温めましょう。

バスタイムはぬるめのお湯に長時間つかるほうが

熱いお湯で短時間の入浴より身体の芯まで温まります。

炭酸ガス入りの入浴剤も温め効果が高まるのでお勧めですよ☆

 

血流をよくすることもお尻の冷え改善のためには重要です。

お尻周辺の筋肉を動かしましょう。

ウォーキングや踏み台昇降

お尻の筋肉を効率よく動かし、身体への負担もすくないのでお勧めです。

 

自分自身でお尻のマッサージをすることは難しいですね

下半身のマッサージはお尻の冷え対策に有効です。

足裏に青竹ふみなどで刺激を与えたり

ふくらはぎのマッサージをすることでお尻への血流をアップすることができます。

寝る前には軽くストレッチで脚やお尻をしっかり伸ばしましょう。

軽めの運動は快眠にも効果的ですよ♪

 

kanto.me

ホットストーン:ストーンセラピーの効果

ホットストーンセラピーとは

 

ホットストーンセラピーとは、その名の通り、温めた石を使った施術です。

当店の「温石薬石整体」は、およそ100度まで温めた石で

身体全体のツボを押しながら施術していきます。

温石での施術後ハンドで施術を行っていきます。

温めた石を使うことによって

石が発する遠赤外線効果を得ることができるため

施術後はまるで温泉につかった後のようなぽかぽか気分になります。

また石には大地のエネルギーが宿るとされており、

高いヒーリング効果も期待できます。

 

ホットストーンセラピーに使う石

 

ホットストーンセラピーに使用する石は、

火山のマグマが固まって出来た石で、自然により研磨されて、

滑らかな肌触りとなった玄武岩を使用します。

温かい石を使用したストーンマッサージは、

石から出る遠赤外線効果が身体の奥深くまで浸透し、

体の芯に蓄積した疲労と痛み、冷えを解きほぐす効果があると言われています。

まるで、温泉入浴後のように血液とリンパの流れを促進し、

ストレスや筋肉疲労を緩和 自己治癒力を高める事の出来ます。

また、ストーンマッサージは、普通のマッサージの5倍もの効果が

実感できるとも言われていますが、自然の素材を使用している為

アレルギーや拒否反応を起こす事が無く 安全で治癒効果が高いとされています。

 

ホットストーンを使う施術の効果

 

馨暖のホットストーンセラピー:温石薬石整体では、温めた玄武岩を身体に置き、

さらに温めた石で体を温めながらほぐしてゆきます。

温める+ほぐすを同時に行っていくため、

筋肉に余分な負担をかけることなく深部までほぐすことができます。

凝り固まった筋肉を温めた石を使いゆっくりとゆるめながら

施術を行っていくため、肩こり・腰痛・冷え・むくみ・生理痛などに

特に効果があり揉み返しが少ないことも特徴です

 

温石薬石整体の効果

 

・筋肉の深い部分まで凝りをほぐすことができる。
・血行とリンパの流れが改善される
・代謝・自然治癒力・免疫力がアップする
・心身共に深いリラクゼーションが得られる
・体内に溜まった老廃物を排出する
・生理不順、肩こり腰痛、むくみ、冷え性不眠症、便秘、頭痛の改善
・自律神経失調や不眠などの改善

仙骨を温める

 

仙骨ってどこ?

まずは基本の仙骨の場所をご紹介します。

触りながら確かめてくださいね。

ちょうどお尻の中心、尾てい骨上の板状になっている骨が仙骨です

形は逆三角形のような形をしています。

 

なぜ仙骨を温めるのか

仙骨は身体のかなめである骨盤の要所です。

背骨の土台として、下半身の起点としての役割を持っています。

実は重要な神経や血管が通っている場所なのです。

重要な神経として

仙骨神経叢…仙骨から下半身へ向かう様々な神経の集まり

②骨盤内蔵神経…上半身へ向けて通る神経。内臓の血管を広げ機能を高める

        副交感神経で心身をリラックスさせる

などがあります。 

人間の身体は生命の維持に必要なところから優先的に血液を供給します。

内臓が冷えているときは手足は後回しにして内臓を温めようとします。

内臓が温まらなければ、ほかの部分への血流が悪くなります。

 

仙骨を温める効果

 ・手足の冷えを温める

・イライラを鎮める、快眠をもたらす

・生理痛、生理不順、PMSの解消

・腰痛肩こり、首こりなど「身体のこり」を解消する

・ひざの痛み、坐骨神経痛外反母趾やO脚X脚による痛みの解消

 

温める方法

 

仙骨に「小さめの貼るカイロ」をあてる。

 

②手で温める

グーにした手で仙骨上を軽擦します。あまり力を入れすぎないように!

 

どちらもピンポイントで仙骨を温めるのがポイントです。

 

 

 

 

 

 

あなたの眼精疲労をすっきり解決!

温石薬石整体

パソコンやスマホなど、つい気づかないうちに

目を酷使してしまいがちな現代。

眼精疲労を放っておくと血液の循環が悪くなって、

首や肩のこり、頭痛や吐き気などの症状につながることもあります。

目の奥の痛み、チカチカする、かすみ目、充血など、

人によって眼精疲労による症状はさまざまですが、

ひどくなってくると首や肩のこり、頭痛、吐き気などを伴う場合があります。

また、目の不調は集中力の低下、イライラしたりするといった症状も引き起こします。

 

目は肝臓や腎臓の影響を受けやすい器官と言われています。

肝腎の不調は眼精疲労の原因のひとつ。

「感は目に穴を開く」という言葉がありますが、

肝臓は目の栄養源となる血液の貯蔵庫です。

ストレスや過労などの影響をうけやすいことが特徴ですが

別名「沈黙の臓器」と呼ばれ、機能低下しても不調を感じることが少ない臓器です。

腎臓は免疫やホルモン、中枢神経、造血機能の司令塔です。

「肝腎同源」という言葉のとおり、腎の機能の低下も眼精疲労の原因になります。

つまり、眼精疲労を改善するためには、肝腎のケアをしっかりすることが重要!

 

それでは簡単にできるケア方法をご紹介します。

「腎臓の位置にホッカイロを張って温めるだけ」

腎臓を温めて養生することで眼精疲労を改善していきます

腕を後ろに回して手の甲を背中に当てる(腕の角は90度で!)

手の甲が当たっているのが腎臓の位置です。

ここに左右にホッカイロを張ります。

 

「冷えは万病のもと」

腎臓を温め養生することで

しつこい足のむくみも改善することができます。

 

kanto.me

 

身体を温める

「冷えは万病のもと」という言葉がありますね。

逆に身体を温めることで防げる不調や改善できることも多くあります。

もちろん全身をあたためていくことが大事ですが、

温める身体の部分によって期待できる効果があります。

 

首周りを温める

首を温めることで、副交感神経が優位になり

自律神経のバランスを整えることができます。

副交感神経が優位になるとリラックスして安眠することができます。

首の血管が拡張することによって、お顔の血行が良くなり

顔色が明るくなる(くすみが抜ける)、しみやしわの改善にも効果があります。

 

耳を温める

耳には様々なツボが集まっています。

また、耳には迷走神経(運動や知覚・自律神経を含む混合神経)が通っており

耳を温めることで迷走神経を刺激し、内臓機能を活発にすることができます。

また、脳に近い耳を温めることで脳全体の血液循環がよくなり

鬱や不眠などの改善にも効果があるといわれています。

 

下腹と腰を温める

生理痛の改善や自律神経のバランスを整えることができます。

実は首や肩こりを軽減する効果もあるんです!

へその下を温めることで女性ホルモンの分泌を促すことができるため

女性には特に温めてほしい場所です

 

f:id:kaonstone:20151028140614p:plain

 

手を温める

手を温めることで腕の血行が良くなり、肩こりが改善します。

また、大腰筋を活性させる効果があり 、姿勢をよくし

ポッコリお腹や腰痛の改善が期待できます。

 

足裏を温める

足を温めることで、生理痛・生理不順、PMSを改善する効果があります。

頭痛や胃腸の不調にも効果が期待できます。

 

kanto.me

 

新コースのご案内

以前よりご要望の多かった

ホットストーンアロマトリートメントコースを開始いたします

 

温石薬石アロマトリートメント
90分 ¥13,000 →キャンペーン中 ¥10,000
120分 ¥17,000 →キャンペーン中 ¥15,000
延長30分

¥5,000

 

ホットストーン+オイルを使用したトリートメント!

当店のホットストーンは熱もちもよく、

ヒーリング効果が高いといわれる

翡翠を使用しております。

新コースキャンペーン中にぜひお試しくださいませ。

 

kanto.me